カリフォルニアの依存症とリハビリ:職場でのウェルネス。

公開: 2022-08-15

薬物中毒障害はアメリカの脅威です。 特にカリフォルニア州では、薬物中毒に苦しむ人々の数が大幅に増加しています。 薬物乱用障害に苦しんでいる場合は、多くの組織やセンターが治療に役立つことを知っておいてください. 薬物乱用に苦しんでいる脆弱な個人に無料の医療を提供できる場所があります。 リハビリは、それを必要とする人に重要なサポートを提供できます。

リハビリ

カリフォルニアの回復オプションは豊富で、人々が依存症から回復するのを助けることを目標としています. マリファナと覚せい剤は、カリフォルニアで最も一般的に扱われている薬物です。 ただし、あらゆる種類の薬物を対象とした質の高い入院プログラムがあります。

自分自身や愛する人のために助けを求めるのは難しいプロセスですが、回復の必要性を認識することは、最初の素晴らしいステップです。

カリフォルニア州の薬物関連死は増加しています

2022 年、カリフォルニア州では薬物の過剰摂取により 6,198 人が死亡し、全死亡者の 2.31% が薬物関連でした。 この数は他の州に比べて少ないですが、違法薬物を使用しているカリフォルニアの人々の数は増加しています. これはまた、暴力、ホームレス、メンタルヘルスの問題の増加を引き起こしています.

当局は薬物関連の犯罪率の上昇を懸念している

物質使用障害の増加により、カリフォルニアでは暴力が増加しています。 薬物密売、住居侵入、暴行、強盗、および殺人関連の逮捕は、多くの場合、薬物乱用に関連しています。

薬物乱用障害は現在、慢性疾患に分類されています。 カリフォルニア州の司法制度は、薬物関連の犯罪に対処する際に、このことを考慮に入れています。 全米薬物裁判所専門家協会 (NADCP) は、薬物関連の犯罪への対応に取り組んでいることで称賛されています。 それらは説明責任を促進し、薬物乱用障害からの治療と回復を強調します。

薬物乱用障害に苦しんで犯罪を犯した人々は、リハビリを提供され、プログラムでの成功に対して報われます。 彼らの前科はしばしば消去されます。特に、彼らが自分の自由意志で麻薬取引を行った場合はなおさらです。

州における薬物中毒のリハビリテーション – どこへ行く?

The Lewin Group の調査によると、カリフォルニア州政府は、薬物乱用障害によって引き起こされる問題に取り組むために、毎年 9,700 万ドルを費やしています。 これには、州内の治療センターやリハビリテーション プログラムへの資金提供が含まれます。

この流行を抑えるために講じられた措置により、カリフォルニアでは多くの依存症治療プログラムが利用可能です. これらは国内で最高のランクにランクされており、さまざまな治療オプションから選択できます。

ワールドクラスのリゾートから低コストの個別治療センターまでお選びいただけます。 これらのセンターでは、投薬支援治療、エビデンスに基づく治療、居住型治療も提供しています。

併発する障害の治療も強調されています。薬物乱用障害を持つ多くの人々は、依存症によって悪化する精神疾患も抱えているからです。 また、回復への道のりを支援できる多くのサポート グループをオンラインで見つけることもできます。

これらのサービスは、デトックス プログラムとリハビリ、アフターケアを提供します。 グループ療法、現代療法、冷静な住居、支援グループ、医療監督などのオプションもあります。

このプロセスを通じて、あなたは再び立ち直り、生産的で健康的なメンバーとして社会に復帰することができます. 薬物乱用障害の患者を治療する場合、長期的な回復が不可欠です。

住宅リハビリの検索

リハビリセンターを探すときは、自分の立場と、薬物乱用からの回復に必要なものを理解することが重要です. あなたは、あなたが住んでいる場所に近く、友人や家族がアクセスできるリハビリセンターを選びたいと思うでしょう. リハビリ中の愛する人をサポートすることは不可欠です。

また、価格帯に収まるセンターを選択することもできます。 カリフォルニアには非常に高価な豪華なリハビリセンターがたくさんありますが、州が後援するプログラムや慈善団体もたくさんあります.

また、リハビリ センターについてオンラインで投稿されているレビュー、評価、および証言も参照してください。 保険の適用範囲、施設のレビュー、およびアメニティに関する情報については、ウェブサイトを確認できます。

一部のセンターでは、宗教的信念、性同一性、精神的健康問題に最適な治療法を提供しています。 個性的で自分のニーズに最も合ったものを選ぶことは、大きな助けになります。

これらのセンターがどのような種類の薬物乱用を治療するかを確認することも重要です。二重診断、オピオイド使用障害を治療する専門センターがあり、個別のケアを提供するセンターもあります。 回復センターに関する調査は、最善かつ最も長期的な回復を得るのに役立ちます。

依存症の克服を支援する - 保険と財政援助

2021 年の中毒治療法は、薬物乱用障害と治療オプションに関連する問題に大きく貢献しています。 この法案は、医療従事者が治療を助けるために麻薬を調剤するための特別な権利放棄を取得する必要はないと述べています。

また、薬物乱用との戦いを支援し、薬物乱用障害について人々に知らせる計画と教育を統合するための全国的なキャンペーンを促進します。

Affordable Care Act は、依存症を克服し、回復への道を歩み始めるのにも役立ちます。 この法律により、保険に加入していない 3,200 万人以上のアメリカ人が無料で医療を受けられるようになります。

これは、より多くの人々の保険が治療センターで受け入れられるようになるため、保険に役立ちます。 民間の健康保険は、すべてのアメリカ人が持つように努めるものであり、一部の保険会社はリハビリ プログラムの費用をカバーしていません。

この法律とメディケイドがあれば、薬物乱用障害の治療を簡単に求めることができます。 保険適用の資格を取得し、治療センターがメディケイド保険を受け入れているかどうかを確認してください。

概要

  • カリフォルニア州では薬物乱用障害が増加しており、大きな問題を引き起こしています。
  • 当局は、薬物関連の犯罪に対して行動を起こし、薬物乱用障害を支援するプログラムを作成しています。
  • カリフォルニア州では、薬物乱用障害の治療に利用できる数多くの治療オプションがあります。
  • 最適な治療センターを見つけることは、個々のニーズによって異なります。適切な治療センターを見つけるには、場所、価格、薬物使用の種類などを考慮する必要があります。
  • 組織は、中毒を克服する手助けをしたいと考えており、回復への道を歩むための多くの手段があります.