知っておくべき 5 つの重要なサイバーセキュリティのトレンド

公開: 2022-12-07

サイバーセキュリティは、世界中の企業にとって中心的な柱となっています。 現在、すべての企業がソフトウェア企業であり、デジタル フットプリントが拡大するにつれて、ネットワークのセキュリティ保護とデータの保護が不可欠になっています。 これを怠ると、企業のブランド イメージと収益に致命的な影響を与える可能性があります。 ここでは、注目すべきサイバーセキュリティのトレンドをいくつか紹介します。

サイバーセキュリティのトレンド

テクノロジーが進化するにつれて、悪意のある攻撃者が好む表面と戦術が並行して進化します。 この意味で、サイバーセキュリティの絶え間ない変化は、ビジネスに対する脅威であると同時に、セキュリティ体制を再編成して再最適化する機会でもあります。

2023 年に向けて、すべてのビジネス リーダーが認識しておく必要がある 5 つの重要なトレンドを次に示します。

AIの実装

AI を利用してネットワークを攻撃する悪意のあるアクターは、これまで以上に増えています。 これらのアルゴリズムが時間をかけて「学習」し、攻撃方法を変更する方法を考えると、サイバー犯罪における AI の使用は驚くべきことではありません。 たとえば、攻撃者は悪意のあるアルゴリズムを波状に展開し、企業の防御についてさらに学習する可能性があります。

攻撃者が最後の波を開始するまでに、アルゴリズムは企業のセキュリティ体制について十分に学習し、侵入することができます。 攻撃者の本から葉を取って、企業はそのような攻撃に対抗するために AI を展開することで対応しました。

継続的なセキュリティ監視などの方法が良い例です。 このアプローチでは、企業は自社のセキュリティ プラットフォームを使用して、制御された環境で自社に対して攻撃を開始します。 この種のテストを繰り返すことで、企業のセキュリティ システムは動的になり、弱点を克服し、最新の侵入技術に適応するために常に変化します。

内部的には、これらのプラットフォームは、構成の変更や従業員のオンラインでの異常な行動によって作成された脆弱性をスキャンします。 AI アルゴリズムは、通常の行動の基準を定め、企業のデジタル資産における異常な相互作用をすばやくフラグ付けして、セキュリティ チームが潜在的な内部関係者の攻撃に対応するためにより多くの時間を与えることができます。

要するに、AI は現在、サイバーセキュリティにとって脅威であり恩恵でもあります。

セキュリティ トレーニング ゲーミフィケーション

セキュリティ トレーニングは、ほとんどの企業にとって重要な投資分野となっています。 巧妙な攻撃がニュースの見出しを占めていますが、ほとんどのデータ侵害は、フィッシングなどの一般的な攻撃手法の結果です。 したがって、企業は最新のサイバー攻撃の手法と脆弱性について従業員を教育する必要があります。

問題は、セキュリティ トレーニングが従来、セキュリティ担当者によるセミナーや講義で埋め尽くされ、退屈な作業であったことです。 この状況は急速に変化しており、サイバーセキュリティがゲーム化されてトレーニングへの参加が促進されています。 企業は、最新のフィッシング技術に関するプレゼンテーションを提供する代わりに、従業員をプラットフォームに参加させ、その技術を克服するためのシミュレートされた課題として提示します。これにより、従業員はバッジを獲得し、チームのリーダーボードのトップに立つことができます.

このゲーム化されたアプローチは、従業員がより積極的に関与し、新しい行動をより効果的に学習するため、大きな利益をもたらしています。 これらのプラットフォームにより、人々は安全な空間で脅威のシナリオを通り抜けることができ、悪影響を経験することはありません。

また、ゲーミフィケーションは、トレーニング プログラムを調整するために必要なデータをセキュリティ チームに提供します。 全体的な結果として、サイバー脅威と戦うために必要な脅威と軽減措置を理解する労働力が得られます。

5G の脆弱性

企業がこれまで以上に多くのデータを交換するにつれて、5G ネットワークはますますスキャナーの対象になりつつあります。 5G はネットワーク技術の大きな飛躍であり、まだ比較的テストされていません。 さまざまな形式のデータを送信および保持するネットワークの機能は先駆的であり、悪意のある攻撃者がインフラストラクチャを使用して企業を潜在的に悪用する方法を提供しています。

ビジネスの観点から見ると、5G ネットワークは大量の IoT データを保持しています。 たとえば、製造業者は組立ラインの機械に関連するデータを送信および保存します。 データには、使用傾向や予想寿命などの変数が含まれる場合があります。 これらのデータセットは、メンテナンス スケジュールや供給注文を決定するアルゴリズムに自動的に入力されます。

5G に支えられた IoT ネットワークが侵害されると、企業に深刻な損失が生じると言っても過言ではありません。 構成エラーは、企業が特に注意を払っている分野です。5G をより広範なネットワークに組み込むと、他の場所でシステムが破損する可能性があるためです。

5G は、企業がより多くのデータを送信するのを支援する上で大きな役割を果たしていますが、比較的未熟であるため、潜在的な脅威ももたらします。

クラウド スプロール

現代の企業は、さまざまなマシンを使用してタスクを実行しています。 これらの企業には DevOps 文化が根付いており、開発プロセスで自動化されたプロセスとマシンを採用しています。 その結果、保護が困難なデジタル資産が無秩序に広がります。

クラウド スプロールとは、複数のクラウド アセットを使用してデータを保存し、重要なマイクロサービスをホストすることを指します。 開発者は通常、アプリの設計時にこれらすべての資産のデータにアクセスしますが、これが潜在的なセキュリティの脆弱性につながります。

たとえば、1 つのアプリが複数のクラウド コンテナーからデータを取得する場合があります。 パフォーマンスの低下を避けるために、開発者はアクセス資格情報をコードに書き込むことがあります。これにより、悪意のあるアクターがシステムに簡単に侵入できるようになります。 開発者は、直面している急速な開発タイムラインのために、このような情報をハードコーディングします。

ここでの問題は、アジャイル開発システムの目的とセキュリティの不一致です。 このギャップを埋めるために、企業は DevSecOps などのインストール方法を模索しています。これにより、セキュリティが俊敏になり、開発サイクルと互換性が保たれます。 この作業方法はまだ新しいものですが、機敏なセキュリティの導入を検討している企業にとって大きな可能性を秘めています。

自動車ハック

自動車や乗り物はこれまで以上に電子化および接続化されており、これが自動車関連のハッキングの波につながっています。 一般的な例としては、車のコンピューターをハッキングしてパフォーマンスをダウングレードしたり、GPS データを盗んだりすることが挙げられます。

ほとんどの自動車メーカーは、ソフトウェア会社と強い関係を持っているメーカーであっても、自動車を電子的に保護することに慣れていません。

良いニュースは、これらの攻撃が致命的となることはめったにないことです。 ほとんどの場合、攻撃者はこれらの攻撃を積極的に消費者に危害を加えようとするのではなく、企業の評判を傷つける方法として宣伝しています。

このような攻撃に対抗するための鍵は、ハードウェアとソフトウェアの両方を保護することです。これは、メーカーが現在取り組んでいる課題です。

これまで以上に重要

ビジネスの柱としてのサイバーセキュリティの地位は、技術が向上するにつれて強化されるだけです。 急速に進歩するテクノロジーは脅威をもたらし、企業に計り知れない可能性をもたらします。 彼らの方法がどれほど成功するかは、未来だけがわかります。